Print Shortlink

自分に合った転職先の見極め方

介護職で転職を成功するためには、自分が働きたい仕事内容と、新たな入社場所の仕事内容が合致しているかを見極めると良いでしょう。

例えば介護保険施設であれば、要介護者を必要とする高齢者が多いため、介護業務が主な仕事内容となります。一方デイサービスなどの日中決まった時間帯だけ、高齢者と共に過ごす施設であれば、体を動かすリクリエーションなどが多くなるため、コミュニケーション能力が必要となります。自分が介護業務を行いたいのか、コミュニケーションをとるような業務を行いたいのかを決めてから転職先を見つけるようにすると成功するでしょう。

また、特別養護老人ホームであれば夜勤の仕事もありますが、デイサービスなどは日勤がメインになるので、働く時間帯も考慮しながら転職先を選ぶと良いです。
そして自分に合いそうな条件の求人が見つかり、あらかた決まったら、面接を受ける前に施設の見学をしてみると良いでしょう。見学をすることによって、実際にどのような利用者が居てどんな業務が行われているかを知ることが出来ます。

そして、スタッフ同士の雰囲気なども見ておいた方が良いです。介護職の現場に限った話ではありませんが、特に介護業務が忙しい現場では、スタッフ同士のトラブルが起きることも少なくありません。自分に合う雰囲気や業務内容だということを実際に見て分かれば、面接を受けてみると良いでしょう。

転職時には、焦って新たな職場を探す人が多い傾向がありますが、焦らずゆっくりと自分に合う職場かどうか、見極めることが成功に繋がるのです。